google+LINEで送る
宅建(権利関係) の 10問
第1問
"AがBから事業のために、1,000万円を借り入れている場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 "

宅建(権利関係) の 10問
第2問
Aに雇用されているBが、勤務中にA所有の乗用車を運転し、営業活動のため得意先に向っている途中で交通事故を起こし、歩いていたCに危害を加えた場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第3問
所有権及びそれ以外の財産権の取得時効に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第4問
AがBに対して金銭の支払いを求める場合における次の記述のうち、AのBに対する債権が契約に基づいて発生するものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第5問
"Aは、自己所有の甲不動産を3か月以内に、1,500万円以上で第三者に売却でき、その代金全額を受領することを停止条件として、Bとの間でB所有の乙不動産を2,000万円で購入する売買契約を締結した。条件成就に関する特段の定めはしなかった。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 "

宅建(権利関係) の 10問
第6問
建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第7問
不動産の登記事項証明書の交付の請求に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第8問
民法94条第2項は、相手方と通じてした虚偽の意思表示の無効は「善意の第三者に対抗することはできない」と定めている。次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、同項の「第三者」に該当しないものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第9問
建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第10問
相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る