google+LINEで送る
宅建(権利関係) の 10問
第1問
Aは自己所有の甲建物をBに賃貸し賃料債権を有している。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第2問
不動産の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第3問
民法94条第2項は、相手方と通じてした虚偽の意思表示の無効は「善意の第三者に対抗することはできない」と定めている。次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、同項の「第三者」に該当しないものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第4問
制限行為能力者に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第5問
物上代位に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、物上代位を行う担保権者は、物上代位の対象とする目的物について、その払渡し又は引渡しの前に差し押さえるものとする。

宅建(権利関係) の 10問
第6問
建物の区分所有等に関する法律 (以下この問において「法」という。) についての次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第7問
"AがBから事業のために、1,000万円を借り入れている場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 "

宅建(権利関係) の 10問
第8問
不動産の表示の登記についての次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第9問
AがBから甲土地を購入したところ、甲土地の所有者を名のるCがAに対して連絡してきた。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第10問
Aは、生活の面倒をみてくれている甥 (おい) のBに、自分が居住している甲建物を贈与しようと考えている。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る