google+LINEで送る
宅建(権利関係) の 10問
第1問
Aは未婚で子供がなく、父親Bが所有する甲建物にBと同居している。Aの母親Cは平成23年3月末日に死亡している。AにはBとCの実子である兄Dがいて、DはEと婚姻して実子Fがいたが、Dは平成24年3月末日に死亡している。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第2問
Aが所有する甲建物をBに対して賃貸する場合の賃貸借契約の条項に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定によれば、誤っているものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第3問
留置権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第4問
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第5問
相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第6問
根抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第7問
AがA所有の甲土地の売却に関する代理権をBに与えた場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、表見代理は成立しないものとする。

宅建(権利関係) の 10問
第8問
AがBから甲土地を購入したところ、甲土地の所有者を名のるCがAに対して連絡してきた。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第9問
賃貸借契約に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、誤っているものはどれか。

宅建(権利関係) の 10問
第10問
契約の解除に関する次の1から4までの記述のうち、民法の規定及び下記判決文によれば,誤っているものはどれか。
【判決文】
同一当事者間の債権債務関係がその形式は甲契約及び乙契約といった2個以上の契約から成る場合であっても、それらの目的とするところが相互に密接に関連付けられていて、社会通念上、甲契約又は乙契約のいずれかが履行されるだけでは契約を締結した目的が全体としては達成されないと認められる場合には、甲契約上の債務の不履行を理由に、その債権者が法定解除権の行使として甲契約と併せて乙契約をも解除することができる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る