google+LINEで送る
宅建○×問題 の 10問
第1問
土地区画整理法に関する次の記述は正しいでしょうか?

宅地について所有権を有する者が設立する土地区画整理組合は、当該権利の目的である宅地を含む一定の区域の土地について土地区画整理事業を施行することができる。

宅建○×問題 の 10問
第2問
農地法に関する次の記述は正しいでしょうか?

農業者が、自らの養畜の事業のための畜舎を建設する目的で、市街化調整区域内にある150平方メートルの農地を購入する場合は、第5条第1項の許可を受ける必要がある。

宅建○×問題 の 10問
第3問
次の記述のは、民法の条文に規定されているでしょうか?

保証契約は、書面でしなければその効力を生じない旨

宅建○×問題 の 10問
第4問
宅地建物取引業の免許に関する次の記述は正しいでしょうか?

宅地建物取引業者G社は、引き続いて1年以上事業を休止したときは、免許の取消しの対象となる。

宅建○×問題 の 10問
第5問
宅地建物取引業法第37条の規定により交付すべき書面に関する次の記述は正しいでしょうか?

法人である宅地建物取引業者が37条書面を作成したときは、必ずその代表者をして、当該書面に記名押印させなければならない。

宅建○×問題 の 10問
第6問
Aが所有する甲建物をBに対して賃貸する場合の賃貸借契約の条項に関する次の記述は、民法及び借地借家法の規定によれば、正しいでしょうか?

AB間で公正証書等の書面によって借地借家法第38条に規定する定期建物賃貸借契約を契約期間を2年として締結する場合、契約の更新がなく期間満了により終了することを書面を交付してあらかじめBに説明すれば、期間満了前にAがBに改めて通知しなくても契約が終了する旨の特約を有効に定めることができる。

宅建○×問題 の 10問
第7問
固定資産税に関する次の記述は正しいでしょうか?

固定資産税に係る徴収金について滞納者が督促を受け、その督促状を発した日から起算して10日を経過した日までに、その督促に係る固定資産税の徴収金について完納しないときは、市町村の徴税吏員は、滞納者の財産を差し押さえなければならない。

宅建○×問題 の 10問
第8問
宅地建物取引業法に関する次の記述は正しいでしょうか?

宅地建物取引業に関し不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者は、宅地建物取引業法の規定に違反し罰金の刑に処せられていなくても、免許を受けることができない。

宅建○×問題 の 10問
第9問
借地借家法に関する次の記述は正しいでしょうか?

賃貸借契約の更新の後において、借地権者が残存期間を超えて残存すべき建物を新たに築造することにつきやむを得ない事情があるにもかかわらず、借地権設定者がその建物の築造を承諾しないときは、借地権設定者が土地の賃貸借の解約の申入れをすることができない旨を定めた場合を除き、裁判所は、借地権者の申立てにより、借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができる。

宅建○×問題 の 10問
第10問
都市計画法に関する次の記述は正しいでしょうか?

特定用途制限地域は、用途地域内の一定の区域における当該区域の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を補完して定めるものとされている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る