google+LINEで送る
宅建○×問題 の 10問
第1問
土地区画整理法における土地区画整理組合に関する次の記述は正しいでしょうか?

土地区画整理組合が施行する土地区画整理事業の換地計画においては、土地区画整理事業の施行の費用に充てるため、一定の土地を換地として定めないで、その土地を保留地として定めることができる。

宅建○×問題 の 10問
第2問
取引主任者に関する次の記述は、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいでしょうか?

宅地建物取引業者A社は、その主たる事務所に従事する唯一の専任の取引主任者が退職したときは、30日以内に、新たな専任の取引主任者を設置しなければならない。

宅建○×問題 の 10問
第3問
宅地建物取引業の免許に関する次の記述は正しいでしょうか?

宅地建物取引業者G社は、引き続いて1年以上事業を休止したときは、免許の取消しの対象となる。

宅建○×問題 の 10問
第4問
宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明を取引主任者が行う場合における次の記述は、正しいでしょうか?

宅地の売買の媒介の場合は、私道に関する負担について説明しなければならないが、建物の貸借の媒介の場合は説明する必要はない。

宅建○×問題 の 10問
第5問
宅地建物の統計等に関する次の記述は正しいでしょうか?

平成25年版土地白書(平成25年6月公表)によれば、土地取引について、売買による所有権移転登記の件数でその動向を見ると、平成24年の全国の土地取引件数は120.4万件となり、9年ぶりに増加に転じた。

宅建○×問題 の 10問
第6問
宅地建物取引業の免許に関する次の記述は正しいでしょうか?

破産管財人が、破産財団の換価のために自ら売主となり、宅地又は建物の売却を反復継続して行う場合において、その媒介を業として営む者は、免許を必要としない。

宅建○×問題 の 10問
第7問
平成24年中に、個人が居住用財産を譲渡した場合における譲渡所得の課税に関する次の記述は正しいでしょうか?

平成24年1月1日において所有期間が10年を超える居住用財産について、その譲渡した時にその居住用財産を自己の居住の用に供していなければ、居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例を適用することができない。

宅建○×問題 の 10問
第8問
次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいでしょうか?

建物所有を目的とする借地人は、特段の事情がない限り、建物建築時に土地に石垣や擁壁の設置、盛土や杭打ち等の変形加工をするには、必ず賃貸人の承諾を得なければならない。

宅建○×問題 の 10問
第9問
宅地建物取引業の免許に関する次の記述は正しいでしょうか?

免許を受けようとするA社に、刑法第204条(傷害)の罪により懲役1年(執行猶予2年)の刑に処せられ、その刑の執行猶予期間を満了した者が役員として在籍している場合、その満了の日から5年を経過していなくとも、A社は免許を受けることができる。

宅建○×問題 の 10問
第10問
次の記述は、民法の条文に規定されているでしょうか?

意思表示に法律行為の要素の錯誤があった場合は、表意者は、その意思表示を取り消すことができる旨

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る