google+LINEで送る
運行管理者国家試験 の 10門
第1問
貨物自動車運送事業法に定める一般貨物自動車運送事業者の輸送の安全についての次の文中(   )に入るべき字句を選びなさい。

一般貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の(   )、荷役その他の事業用自動車の運転に附帯する作業の状況等に応じて必要となる員数の運転者及びその他の従業員の確保、事業用自動車の運転者がその休憩又は睡眠のために利用することができる施設の整備、事業用自動車の運転者の適切な勤務時間及び乗務時間の設定その他事業用自動車の運転者の過労運転を防止するために必要な措置を講じなければならない。

運行管理者国家試験 の 10門
第2問
車両等の運転者の遵守事項に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

運行管理者国家試験 の 10門
第3問
労働基準法(以下「法」という。)の定めに関する次の記述のうち、正しいものを選びなさい。

運行管理者国家試験 の 10門
第4問
道路運送車両法に定める自動車の日常点検についての次の文中(   )に入るべき字句としていずれか正しいものを1つ選びなさい。

自動車運送事業の用に供する自動車の使用者又はこれを運行する者は、1日1回、その運行の開始前において、国土交通省令で定める技術上の基準により、(   )、制動装置の作動その他の日常的に点検すべき事項について、目視等により自動車を点検しなければならない。

運行管理者国家試験 の 10門
第5問
道路交通法に定める最高速度違反行為についての次の文中(   )に入るべき字句としていずれか正しいものを選びなさい。

車両の運転者が最高速度違反行為を当該車両の使用者(当該車両の運転者であるものを除く。以下同じ。)の業務に関してした場合において、当該最高速度違反行為に係る車両の使用者が当該車両につき最高速度違反行為を防止するため必要な運行の管理を行っていると認められないときは、当該車両の使用の本拠の位置を管轄する公安委員会は、当該車両の使用者に対し、最高速度違反行為となる運転が行われることのないよう運転者に指導し又は助言することその他最高速度違反行為を防止するため必要な措置をとることを(   )することができる。

運行管理者国家試験 の 10門
第6問
点呼の実施に関する次の記述は適切でしょうか?

乗務前及び乗務後の点呼のいずれも対面で行うことができない乗務を行う運転者に対しては、乗務前及び乗務後の点呼の他に、当該乗務途中において少なくとも1回電話等により点呼(中間点呼)を行うこととされている。この点呼においては、乗務する事業用自動車の日常点検の実施についての報告を求めなくてもよい。

運行管理者国家試験 の 10門
第7問
自動車の点検整備等に関する次の文中(   )に入るべき字句としていずれか正しいものを1つ選びなさい。

自動車運送事業の用に供する自動車の日常点検の結果に基づく運行可否の決定は、自動車の使用者より与えられた権限に基づき、(   )が行わなければならない。

運行管理者国家試験 の 10門
第8問
運行管理の意義、運行管理者の役割等に関する次の記述は適切でしょうか?

事業用自動車の点検及び整備に関する車両管理については、整備管理者の責務において行うこととされていることから、運行管理者の業務として事業用自動車の日常点検の実施について確認する必要はない。

運行管理者国家試験 の 10門
第9問
貨物自動車運送事業輸送安全規則に定める貨物自動車運送事業者の過労運転の防止について次の文中( A )に入るべき字句を下の枠内の選択肢から選び、答えなさい。

一般貨物自動車運送事業者等は、( A )に従い業務を行うに必要な員数の事業用自動車の運転者(以下「運転者」という。)を常時選任しておかなければならない。

運行管理者国家試験 の 10門
第10問
運行管理に関する次の記述は適切でしょうか?

運行管理者は、事業用自動車が運行しているときにおいては、運行管理業務に従事している必要がある。しかし、1人の運行管理者が毎日、24時間営業所に勤務することは不可能である。そのため事業者は、複数の運行管理者を選任して交代制で行わせるか、又は、運行管理者の補助者を選任し、点呼の一部を実施させるなど、確実な運行管理業務を遂行させる必要がある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る