google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 10問
第1問
【給水用具の故障と修理に関して】水栓の不快音は、スピンドルの穴とこま軸の外径が合わなく、がたつきがある時に発生する。修理方法としては、スピンドル又はグランドパッキンを取り替える。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第2問
【給水管の配管に関して】給水管は、露出配管する場合は管内水圧に対し、地中埋設する場合は管内水圧及び土圧、輪荷重その他の外圧に対し十分な強度を有していることが必要である。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第3問
【給水管に関して】架橋ポリエチレン管は、耐熱性、耐寒性及び耐食性があり、軽量で柔軟性に富んでおり、管内にスケールが付きにくく流体抵抗が小さい。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第4問
【水道水の異常現象と対策に関して】水道水が白色に着色した場合は、亜鉛メッキ鋼管の亜鉛が溶解していることが考えられ、使用時に一定時間管内の水を排水して使用しなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第5問
【給水装置の性能基準に関して】浄水器に適用される性能基準には、耐圧性能、浸出性能及び水撃限界性能基準がある。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第6問
【水道水の異常現象と対策に関して】水道水は、無味無臭に近いものであるが、塩辛い味、苦い味、酸味等を感じる場合は、クロスコネクションのおそれがあるので、飲用前に一定時間管内の水を排水しなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第7問
【水道水の汚染防止に関して】給水管路に近接してシアン、六価クロム等の有毒薬品置場、有害物の取扱場、汚水槽等の汚染源がある場合は、給水管をさや管などにより適切に保護する。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第8問
【給水装置工事主任技術者の職務に関して】水道事業者が水道法に基づき給水装置の検査を行う際に、水道事業者から当該給水装置工事を施行した指定給水装置工事事業者に対し、当該事業所に係る主任技術者の立会いの要求があった場合、立会うことは主任技術者の職務である。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第9問
【水道法に規定する水道事業の認可に関して】水道事業を経営しようとする者は、市町村長の認可を受けなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第10問
【水撃作用の防止に関して】水槽にボールタップで給水する場合は、必要に応じて波立ち防止板などを設置することが水撃作用の防止に有効である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る