google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 20問
第1問
【給水用具の故障と修理に関して】小便器洗浄弁の吐水量が多いので原因を調査した。その結果、調節ねじを開け過ぎていたので、調節ねじを左に回して吐水量を調節した。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第2問
【指定給水装置工事事業者制度に関して】水道事業者は、水道によって水の供給を受ける者の給水装置が給水装置の構造及び材質の基準に適合することを確保するため、給水装置工事を適正に施行することができると認められる者の指定をすることができる。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第3問
【直結加圧形ポンプユニットに関して】直結加圧形ポンプユニットは、通常、加圧ポンプ、制御盤、圧力タンク、副弁付定水位弁をあらかじめ組み込んだユニット形式となっている場合が多い。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第4問
【給水管の配管に関して】地震力に対応するためには、分岐部や埋設深度が変化する部分及び地中埋設配管から建物内の配管との接続部にも、伸縮可とう性のある管や継手を使用することが望ましい。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第5問
【クロスコネクション及び逆流防止に関して】給水管と井戸水配管を直接連結する場合、両管の間に逆止弁を設置し、逆流防止の措置を講じる必要がある。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第6問
【給水管及び給水用具に適用される性能基準に関して】浄水器は、耐圧性能基準、浸出性能基準及び耐久性能基準を満たす必要がある。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第7問
【取水施設】…道の水源から原水を取り入れる。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第8問
【水の汚染防止に関して】末端部が行き止まりとなる配管が生じたため、その末端部に排水機構を設置した。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第9問
【給水管の侵食に関して】侵食形態としては全面侵食と局部侵食とがある。一般的に全面侵食は、大きな漏水事故につながるが、局部侵食は、侵食が局部に限定されるため漏水などの事故を引き起こすことはない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第10問
【給水装置の耐圧性能基準に関して】耐圧性能基準は、水道の水圧により給水装置に水漏れ、破壊等を生じることを防止するためのものであり、安全性確保のため最終の止水機構の流出側に設置されている給水用具にも適用される。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第11問
【配管工事後の耐圧試験、水撃防止に関して】水撃作用(ウオータハンマーともいう)の発生により、給水管に振動や異常音がおこり、頻繁に発生すると管の破損や継手の緩みを生じ、漏水の原因ともなる。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第12問
【給水管の明示に関して】埋設管明示シートは、管頂部上方の所定の深さに、任意の間隔をあけて断続的に布設する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第13問
【公道における給水装置工事の安全管理に関して】埋設物に接近して掘削する場合は、周囲地盤のゆるみ、沈下等に十分注意して施工し、必要に応じて当該埋設物の管理者と協議のうえ防護措置などを講じる。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第14問
【給水装置の計画使用水量に関して】直結増圧式給水を行うにあたっては、一日当たりの計画使用水量を適正に設定することが、適切な配管口径の決定及び直結加圧形ポンプユニットの適正容量の決定に不可欠である。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第15問
【公道における給水装置工事の安全管理に関して】道路上に又は道路に近接して杭打機その他の高さの高い工事用機械類もしくは構造物を設置しておく場合においては、それらを白色照明灯で照明し、それらの所在が容易に確認できるようにしなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第16問
【金属管の侵食に関して】金属管が鉄道、変電所等に近接して埋設されている場合に、漏洩電流による電気分解作用により侵食を受ける。このとき、電流が金属管から流出する部分に侵食が起きる。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第17問
【消防法の適用を受けるスプリンクラーに関して】水道直結式スプリンクラー設備の工事は、水道法に定める給水装置工事として指定給水装置工事事業者が施工する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第18問
【給水装置工事の施行に関して】新たに単独水栓を1栓設置する増設工事は、指定給水装置工事事業者以外の工事事業者が施行してもよい。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第19問
【給水用具の負圧破壊性能基準に関して】負圧破壊装置を内部に備えた給水用具については、負圧破壊装置を給水用具から取り外して試験をしてはならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第20問
【給水管の明示に関して】宅地部分においては、維持管理上明示する必要がある場合、布設時に管路及び止水用具のオフセットを測定し、将来的に布設位置が不明とならないようにする。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る