google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 5問
第1問
【給水装置工事の現場における電気事故防止の基本事項に関して】高圧配線、変電設備には危険表示を行い、接触の危険のあるものには必ずさく、囲い、覆い等感電防止措置を講じる。

給水装置工事主任技術者 の 5問
第2問
【水道水の汚染防止に関して】末端部が行き止まりとなる給水管は、停滞水が生じ、水質が悪化するおそれがあるため極力避ける。やむを得ず行き止まり管となる場合は、末端部に排水機構を設置する。

給水装置工事主任技術者 の 5問
第3問
【公道における給水装置工事の安全管理に関して】夜間施工する場合には、道路上に設置したさくなどに沿って、高さ1m程度のもので夜間 50m前方から視認できる光度を有する保安灯を設置しなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 5問
第4問
【水道水の異常現象と対策に関して】水道水は、無味無臭に近いものであるが、塩辛い味、苦い味、酸味等を感じる場合は、クロスコネクションのおそれがあるので、飲用前に一定時間管内の水を排水しなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 5問
第5問
【水道法に規定する給水装置及び給水装置工事に関して】ビルなどで水道水を一旦受水槽に受けて給水する場合、受水槽以降の給水栓、ボールタップ、湯沸器等の給水用具は給水装置には該当しない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る