google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 5問
第1問
【給水管の配管にあたっての留意事項に関して】高水圧を生じるおそれのある場所には逆止弁を、貯湯湯沸器にあっては定流量弁及び定水位弁を設置する。

給水装置工事主任技術者 の 5問
第2問
【土工事の施工に関して】掘削深さが 1.5m以内であれば、自立性に乏しい地山であっても、土留工を施すことなく掘削することができる。

給水装置工事主任技術者 の 5問
第3問
【給水管の配管工事に関して】ステンレス鋼鋼管の曲げ加工は、加熱により行う。

給水装置工事主任技術者 の 5問
第4問
【給水装置の水撃限界性能基準に関して】水撃限界性能基準は、水撃発生防止仕様の給水用具であるか否かの判断基準であり、水撃作用を生じるおそれのある給水用具はすべてこの基準を満たしていなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 5問
第5問
【給水管の明示に関して】宅地部分においては、維持管理上明示する必要がある場合、布設時に管路及び止水用具のオフセットを測定し、将来的に布設位置が不明とならないようにする。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る