google+LINEで送る
ウェブデザイン技能検定2級問題 の 10問
第1問
ウェブサーバなど性能を向上させるために、より高速な CPU の搭載、CPU やメモリの追加などを実施することをスケールアウトと呼ぶ。

ウェブデザイン技能検定2級問題 の 10問
第2問
クロスサイトスクリプティングは、ウェブブラウザ側の脆弱性である。

ウェブデザイン技能検定2級問題 の 10問
第3問
W3C において標準化されていないものはどれでしょうか?

ウェブデザイン技能検定2級問題 の 10問
第4問
イーサネットとは、1000BASE-T の規格のみをさす。

ウェブデザイン技能検定2級問題 の 10問
第5問
Apache などのウェブサーバは、管理者権限で実行され、動作もすべて管理者権限であることが望ましい。

ウェブデザイン技能検定2級問題 の 10問
第6問
WaSP とは、Web accessibility Standard Project の略称である。

ウェブデザイン技能検定2級問題 の 10問
第7問
HTML5 の html 要素には、manifest 属性を指定することができる。

ウェブデザイン技能検定2級問題 の 10問
第8問
個人情報取扱事業者の安全管理措置について、技術的安全管理措置として講じなければならない事項に含まれないものはどれでしょうか?

ウェブデザイン技能検定2級問題 の 10問
第9問
グローバルナビゲーションは、ユーザが検索エンジン等を利用してトップページ以外のページに直接アクセスしたときなどに、そのウェブサイトの構造を伝えるためにも有効なナビゲーションである。

ウェブデザイン技能検定2級問題 の 10問
第10問
HTML5 で新しく追加された要素はどれでしょうか?

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る