google+LINEで送る
1級造園施工管理技士 の 5門
第1問
屋上緑化の一般的な施工に関する次の記述の正誤の組合せとして、適当なものはどれか。

【イ】 樹木の転倒防止のために支柱を設置する場合、支柱を打ち込むための土壌厚が確保できなければ、地下支柱を用いて地中で根鉢を固定する。
【ロ】地中に上水を使用する灌水装置を施工する場合、上水道から着脱可能なものとし、灌水時以外は取り外しておき、さらに、逆止弁等を取り付けるなど、逆流を防止する措置を取らなければならない。

1級造園施工管理技士 の 5門
第2問
花壇に用いられる植物に関する組合せとして、適当なものはどれか。

1級造園施工管理技士 の 5門
第3問
造園樹木の支柱に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1級造園施工管理技士 の 5門
第4問
B.M.(標高20.00m)と測点間の水準測量を行った結果、下表に示す数値を得た。測点No.2の地盤高として、正しいものはどれか。ただし、誤差はないものとする。

1級造園施工管理技士 の 5門
第5問
給水工事に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る