google+LINEで送る
2級造園施工管理技士 の 5問
第1問
「都市公園法」上、都市公園を占用することが認められないものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 5問
第2問
木竹の伐採をしようとする場合において、原則として地方公共団体の長の許可を受ける必要のあるものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 5問
第3問
植物の施肥に関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「一般的に植物は、窒素、リン酸、カリの3要素を特に多く必要とし、これに【 A 】、マグネシウムを加えた5つの要素のどれかを含んだものを肥料として与える。また【 A 】とマグネシウムを含む資材は、土壌の酸度矯正用として施用されることもある。元肥とは、これら植物の生育に要する肥料を【 B 】に施すものである。」

2級造園施工管理技士 の 5問
第4問
園路整備における、「建設機械」とその主な「使用目的」に関する組合せとして、適当でないものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 5問
第5問
「公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)」の寸法規格に関する次の記述の【A】~【C】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「ウメなどのように樹木の根元付近から幹が分岐しやすいものは幹周の測定が難しく、このような樹木の場合は、栽培圃場で【 A 】の周長を測定する。」
「株立(物)の樹高と株立数の関係については、2本立の場合、1本は所要の樹高に達し、他は所要の樹高の【 B 】%以上に達している必要がある。3本立以上の場合、指定株立数について【 C 】は所要の樹高に達し、他は所要の樹高の【 B 】%以上に達している必要がある。」

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る