google+LINEで送る
2級造園施工管理技士 の 5問
第1問
花壇に用いられる宿根草として、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 5問
第2問
4.5 haの敷地に1m の盛土をする場合、土取場より掘削する地山土量として、正しいものはどれか。ただし、土量変化率はL=1.20、C =0.90 とする。

2級造園施工管理技士 の 5問
第3問
木材の一般的な性質に関する次の記述の【A】~【C】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「我が国のように四季の気温変化が規則的な地域では、【 A 】と呼ばれる細胞が小さく組織は緻密で強靱な部分と、【 B 】と呼ばれる細胞は大きく組織が粗大で柔らかい部分が交互に生成され、樹幹部で年輪を形成する。含水率の減少に伴う木材の収縮は、まさ目材よりも板目材の方が【 C 】。」

2級造園施工管理技士 の 5問
第4問
造園樹木に関する記述のうち、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 5問
第5問
「公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)」の寸法規格の判定に関する次の記述の(A)、(B)に当てはまる数値の組合せとして、適当なものはどれか。

「株立物の樹高については、3本立の場合、( A ) 本は所要の樹高に達しており、他は所要の樹高の( B ) %以上に達していることが必要である。」

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る