google+LINEで送る
2級造園施工管理技士 の 10問
第1問
木竹の伐採をしようとする場合において、原則として地方公共団体の長の許可を受ける必要のあるものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第2問
次の(イ)及び(ロ)の営業形態で造園工事業を営もうとする場合における必要な建設業の許可として、「建設業法」上、正しいものはどれか。

(イ)M 県内のみに本社と営業所2箇所設け、県内で営業する営業形態
(ロ)発注者から直接請け負い、下請代金の総額が政令で定める金額以上となる下請契約を締結して施工することがある営業形態

2級造園施工管理技士 の 10問
第3問
雌雄異株の造園樹木として、正しいものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第4問
土壌に関する記述のうち、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第5問
害虫の加害特徴に関する次の記述の(A)に当てはまる語句として、適当なものはどれか。「 ( A ) の加害特徴は、寄生した葉の汁液を吸収して生育を妨げ、吸汁箇所は脱色して白い斑点状となる。また、高温で乾燥した条件下で被害が多く、加害が進むと葉全体が白くなる。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第6問
「公共工事標準請負契約約款」に関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「受注者は、【 A 】を定めて工事現場に設置し、【 B 】に定めるところにより、その氏名その他必要な事項を発注者に通知しなければならない。」
「工事材料の品質については、【 B 】に定めるところによる。【 B 】にその品質が明示されていない場合にあっては、中等の品質を有するものとする。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第7問
日本庭園に関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「【 A 】庭園は、室町時代に発達した庭園様式で、代表的な庭園の一つとして【 B 】がある。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第8問
「公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)」の寸法規格の判定に関する次の記述の(A)、(B)に当てはまる数値の組合せとして、適当なものはどれか。

「株立物の樹高については、3本立の場合、( A ) 本は所要の樹高に達しており、他は所要の樹高の( B ) %以上に達していることが必要である。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第9問
下図に示すネットワーク式工程表で表される工事におけるクリティカルパスの日数として、正しいものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第10問
日本庭園に関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「水を用いず、石や砂で広大な自然景観を象徴的に表現する【A】は、日本庭園における様式の一つであり、代表的な庭園として【B】がある。」

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る