google+LINEで送る
2級造園施工管理技士 の 10問
第1問
花壇に用いられる秋播き一年草の組合せとして、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第2問
下図は、一般的な工期・建設費曲線を表したものであるが、図中の(A)~(C)に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第3問
建設副産物のうち、産業廃棄物に該当しないものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第4問
植物の光合成に関する次の記述の【A】~【C】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「一般に、植物は大気中の【 A 】と、根から吸収した【 B 】を原料として、太陽光のエネルギーを使って光合成を行い、炭水化物を合成する。また、光合成の過程で生成された【 C 】は大気中に放出される。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第5問
植物の施肥に関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「一般的に植物は、窒素、リン酸、カリの3要素を特に多く必要とし、これに【 A 】、マグネシウムを加えた5つの要素のどれかを含んだものを肥料として与える。また【 A 】とマグネシウムを含む資材は、土壌の酸度矯正用として施用されることもある。元肥とは、これら植物の生育に要する肥料を【 B 】に施すものである。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第6問
下図に示す正面から見た庭石の( A ) の名称として、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第7問
次の【イ】、【ロ】の造園工事を施工する場合において、それぞれの工事現場に置かなければならない技術者の組合せとして、「建設業法」上、正しいものはどれか。

【イ】発注者から直接請け負った請負代金の額が3、000 万円の造園工事を、下請代金の総額が1、500 万円となる下請契約を締結して施工する場合
【ロ】下請として請け負った請負代金の額が2、000 万円の造園工事を施工する場合

2級造園施工管理技士 の 10問
第8問
次の記述の病状を示す樹木の病名として、適当なものはどれか。

「一般に、日照不足や通風が悪く、過湿な状態の環境で発病し、樹木の葉や枝などの表面が黒色のカビで覆われる。アブラムシ類やカイガラムシ類の発生が多い環境下で発病することが多い。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第9問
造園樹木のうち、防火力の優れた樹種として、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第10問
下図に示す石燈籠の(A)、(B)の名称の組合せとして、適当なものはどれか。
春日型燈籠

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る