google+LINEで送る
2級造園施工管理技士 の 10問
第1問
次の(イ)及び(ロ)の営業形態で造園工事業を営もうとする場合における必要な建設業の許可として、「建設業法」上、正しいものはどれか。

(イ)M 県内のみに本社と営業所2箇所設け、県内で営業する営業形態
(ロ)発注者から直接請け負い、下請代金の総額が政令で定める金額以上となる下請契約を締結して施工することがある営業形態

2級造園施工管理技士 の 10問
第2問
人力により3日間で完了できる床掘り作業に関する次の【イ】、【ロ】の記述について、正誤の組合せとして、正しいものはどれか。ただし、歩掛りは、10m3当たり4人日とする。

床掘り量23m3を3人で施工する。
床掘り量37m3を5人で施工する。

2級造園施工管理技士 の 10問
第3問
「労働基準法」に関する記述のうち、正しいものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第4問
芝生に関する記述のうち、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第5問
移動式クレーンの作業に関する記述のうち、「クレーン等安全規則」上、誤っているものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第6問
雨水排水工に関する記述のうち、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第7問
高齢者、障害者の利用に配慮した園路の施工に関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる数値の組合せとして、適当なものはどれか。

「車いす使用者に配慮し、公園の園路の有効幅は【 A 】cm以上とすること。ただし、やむを得ない場合は、園路の末端の付近及び当該園路の50 m以内ごとに、車いすが転回できる広さの場所を設けた上で、有効幅を【 B 】cm以上とすることができる。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第8問
下図に示す施工管理の一般的な手順を示したデミング・サークルの【A】、【B】に当てはまる次の(イ)~(ハ)の作業内容の組合せとして、適当なものはどれか。

(イ)計画とずれていれば是正処置をとる。
(ロ)工事内容に関する事前調査を行う。
(ハ)計画と実施結果を比較検討する。

2級造園施工管理技士 の 10問
第9問
擁壁に関する次の記述の正誤の組合せとして、適当なものはどれか。

【イ】重力式擁壁は、自重によって土圧を支持する形式の擁壁である。
【ロ】片持梁式擁壁は、底版上の土の重量を利用して縦壁の安定を図る形式の擁壁である。

2級造園施工管理技士 の 10問
第10問
下図に示す床組の【A】の名称として、適当なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る