google+LINEで送る
2級造園施工管理技士 の 10問
第1問
下図に示す施工管理の一般的な手順を示したデミング・サークルの【A】、【B】に当てはまる次の(イ)~(ハ)の作業内容の組合せとして、適当なものはどれか。

(イ)計画とずれていれば是正処置をとる。
(ロ)工事内容に関する事前調査を行う。
(ハ)計画と実施結果を比較検討する。

2級造園施工管理技士 の 10問
第2問
次の(イ)~(ニ)の建設副産物のうち、産業廃棄物に該当しないものを全て示したものはどれか。

(イ)街路樹の管理に伴い生じた剪定枝葉
(ロ)木製遊具の撤去に伴い生じた木くず
(ハ)側溝の撤去に伴い生じたコンクリート破片
(ニ)広場の造成工事に伴い生じた建設発生土

2級造園施工管理技士 の 10問
第3問
造園樹木に関する記述のうち、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第4問
花壇の種類に関する記述のうち、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第5問
次の記述の病状を示す樹木の病名として、適当なものはどれか。

「一般に、日照不足や通風が悪く、過湿な状態の環境で発病し、樹木の葉や枝などの表面が黒色のカビで覆われる。アブラムシ類やカイガラムシ類の発生が多い環境下で発病することが多い。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第6問
下図に示す、施工管理の一般的な手順を示したデミングサークルの(A)~(C)に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第7問
根回しに関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる語句及び数値の組合せとして、適当なものはどれか。

「溝掘り式の根回しでは、支持根として残した太根に幅【 A 】cm程度の環状はく皮を行う。また、根回しの時期は、落葉樹では一般に【 B 】に行うのが最もよい。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第8問
擁壁に関する次の記述の正誤の組合せとして、適当なものはどれか。

【イ】重力式擁壁は、自重によって土圧を支持する形式の擁壁である。
【ロ】片持梁式擁壁は、底版上の土の重量を利用して縦壁の安定を図る形式の擁壁である。

2級造園施工管理技士 の 10問
第9問
設計図書で樹高3.0 m 、株立数3本立と指定された次の(イ)~(ハ)の造園樹木について樹高を測定したところ、下表の測定寸法値を得た。「公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)」に照らし、基準を満たしているものを全て示したものはどれか。ただし、幹1、幹2、幹3は、3本立の各幹を指す。

2級造園施工管理技士 の 10問
第10問
コンクリートの性質に関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「コンシステンシーの【 A 】コンクリートを用いると、作業は容易になるが材料は分離しやすくなる。この測定には一般的にスランプ試験が有効な補助手段として用いられ、スランプの値が【 B 】ほどコンシステンシーは小さい。」

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る