google+LINEで送る

応用情報技術者は、IT技術や企業活動に関する深い知識や技能の習得を証明する国家資格です。基本情報技術者の上位資格であり、実務経験のある中堅プログラマーやシステムエンジニアに人気の資格です。ITエンジニアとして更なるレベルアップを図ろうと思うなら、この資格からがお勧めです。

■資格の詳細情報
正式名称 ・・・

応用情報技術者試験(AP)

認定団体

・・・

経済産業省、情報処理推進機構

取得条件

・・・

制限無し

試験日程

・・・

年2回、例年4月・10月

活用職業

・・・

情報処理企業、ソフトウェア企業、IT関連企業

類似資格

・・・

ITパスポート試験基本情報技術者試験システムアーキテクト試験ITストラテジスト試験プロジェクトマネージャ試験ネットワークスペシャリスト試験データベーススペシャリスト試験エンベデッドシステムスペシャリスト試験情報セキュリティスペシャリスト試験、ITサービスマネージャ試験、システム監査技術者試験

合格確率

・・・

約20.2%前後

そのほか ・・・

対象者像
高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者

その他
IT関連企業の場合、この資格を取得することで、手当・報奨一時金が支給される企業なども多いです。受験料は5100円。全国各地で受験できます。

関連リンク

  応用情報技術者試験 - Wiki
  IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る