google+LINEで送る

行政書士とは法関連の国家資格で、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行う法律のプロフェッショナルです!また、行政書士は業務独占資格なので独立・開業も出来るとても価値のある資格です!

■資格の詳細情報
正式名称 ・・・

行政書士

認定団体

・・・

総務省

受験資格

・・・

制限なし

試験日程

・・・

11月第2日曜日

活用職業

・・・

行政書士事務所、独立し個人事務所など

類似資格

・・・

社会保険労務士、司法書士、弁護士

合格確率

・・・

約8.2%前後

そのほか ・・・

【無試験で資格取得】
[1]弁護士となる資格を有する者
[2]弁理士となる資格を有する者
[3]公認会計士となる資格を有する者
[4]税理士となる資格を有する者
[5]国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間が20年以上など(※特定地方独立行政法人など他にも条件がありますので確認してください)

【試験内容】

■業務に関する法令(計46問)
 ①憲法、②行政法、③民法、④商法、⑤基礎法学
■業務に関する一般知識(計14問)
 ①政治・経済・社会、②情報通信・個人情報保護
 ③文章理解

【合格基準】
以下の要件をいずれも満たした者が合格となります。
(1)行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、244点満点中、122点以上。
(2)行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、56点満点中、24点以上。
(3)試験全体の得点が、180点以上。

【関連リンク】

  行政書士 - Wiki
  行政書士試験研究センター
 

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る