google+LINEで送る

2級建築士建築業界で価値ある国家資格で、2級建築士は主に、木造やコンクリート造、鉄骨造の戸建住宅の設計・工事監理等を行う専門家です。資格が活用できる場は広く、さまざまな場所で必要とされます。最近ではリフォームなどの需要も多く、重宝される資格となっています。

■資格の詳細情報
正式名称 ・・・

二級建築士

認定団体

・・・

国土交通省

受験資格

・・・

1:国土交通大臣が指定する建築に

  関する科目(指定科目)を修めて

  卒業後、所定の実務経験者。
2:建築実務の経験7年以上
3:建築設備士の有資格者

試験日程

・・・

【学科】7月上旬頃

【設計製図】9月下旬頃

活用職業

・・・

設計事務所、建設会社、住宅メーカー、工務店、不動産会社、など。

類似資格

・・・

一級建築士

木造建築士

建築設備士


建築施工管理技士建設機械施工技士
電気施工管理技士・造園施工管理技士
管工事施工管理技士土木施工管理技士

合格確率

・・・

合格率20%前後

そのほか ・・・

試験は、「学科試験」と「実技試験」があります。

【2級建築士合格基準】
学科:満点中、60%以上の得点率
実地:二級建築士として備えるべき「建築物の設計に必要な基本的かつ総括的な知識及び技能」を有することを認められたもの。

関連リンク

  建築士 - Wiki
  建築技術教育普及センター

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る