google+LINEで送る

調理師は「栄養」「衛生」「適切な調理法」など、食に関する総合的な知識を持った「調理のプロフェショナル」で す。調理師免許は「経験」と「知識」の証明になり、飲食店はもちろん病院や学校などの食堂、ホテル、料亭、旅館、給食センター、製菓など様々な場で生かす事が出来ます。国家試験は各都道府県で受験できます。

■資格の詳細情報
正式名称 ・・・

調理師免許

認定団体

・・・厚生労働省

受験資格

・・・

中学校卒業以上で、2年以上の調理実務経験者。
小学校卒業者で、5年以上の調理実務経験者。
在日外国人学校のうち日本の中学校に相当する課程の修了者であって厚生労働大臣が認定した者。
学校、病院、寮などの給食施設、飲食店、惣菜製造業、魚介類販売業で2年以上の調理実務経験者。

試験日程

・・・

各都道府県ごとに年1回。
(※神奈川県では年2回行われています。)

活用職業

・・・

飲食店、福祉の現場や病院、学校や会社の食堂、ホテル、料亭、旅館、割烹、各料理店、給食センター、製菓関連など。

類似資格

・・・

栄養士、管理栄養士、ふぐ調理師、食品衛生責任者、食生活アドバイザー

合格確率

・・・

合格率70%~80%前後

そのほか ・・・

試験は、複数の都道府県でかけもち受験が可能です。また、試験を受けずに「厚生労働大臣の認可した調理師養成施設を卒業する」ことでも調理師免許が取得可能です。全て四肢択一のマークシート方式で60問。60%以上の正解率で合格と言われています。
勉強方法は過去問などを繰り返し行い、出題パターンと調理師としての専門知識を暗記して覚えていくことが良いと思います。


Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る